求職者必見!新亜光学工業株式会社が業界トップを走っている理由を紹介

>

特許取得実績があるのも働きやすさを得られるポイント

特許取得実績で得られること

これまでに、光量調整装置をはじめ複数の特許取得実績を持つ新亜光学工業株式会社。企業から1つのブランドを持つ会社として認知してもらえる以外にも、メリットはあるようです。

例えば、同業他社で同じような発明をしようとする場合があります。その際に、特許があればすぐに差止請求ができるうえ損害賠償も求められます。トラブル回避やコピー防止が図れて、働く社員も余計な負担が掛からずに済みます。

働く社員で、特許があるのを1つのモチベーションにしている人は少なくありません。新亜光学工業株式会社は、研究や開発以外に物流など複数の部署を設けています。少しでも仕事で貢献していることへの実感抱けると、やり甲斐以外にスキルアップも図りやすくなります。また、社員も明るい人たちばかりなので、職場環境に馴染むまでに時間は掛かりません。

研究や開発は大変だがハマると楽しい

カメラレンズをはじめ複数の精密機械の製造や開発を行う新亜光学工業株式会社。商品開発の仕事は、時には思うようにいかないこともあるでしょう。

しかし、製造の仕事をする社員は楽しみながら取り組んでいる人は少なくありません。成果が出ないのも1つの糧になり、今後研究をする際に活かせます。手に職も身に付くため、仕事の幅が拡がるかもしれません。

自分が携わった精密機械が特許取得や世界中の人が使用しているのを確認すれば、高い喜びを感じることができます。専門書やメディアをはじめ、幅広い分野から日々スキルアップを図る作業は必要ですが、仕事を通じて得られることが多いのは大きな魅力です。

たとえ製造や開発以外の仕事をする機会があっても、社員に経験値を伝えることができれば会社にとりプラスへと作用するでしょう。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る