求職者必見!新亜光学工業株式会社が業界トップを走っている理由を紹介

>

外国人社員教育をする場合

外国人社員への教育

新亜光学工業株式会社には、国籍を問わず外国人社員が多く在籍しています。日本人の場合、相手に気を遣い、できるだけ傷つけない言葉で伝える風習があるようです。しかし、外国人の場合は遠回しに伝えることで却って戸惑いを生じてしまいかねません。社員教育の進み具合が遅れや、会社にとってマイナスになることもあります。

端的に伝えることで時には感情的なレベルのトラブルが起こるかもしれません。時間は掛かるかもしれませんが、真摯に向き合いながら丁寧な教育を続けると相手も理解してくれます。また、外国人社員がスキルアップをするのを直に確認して、やり甲斐に繋げている社員もいるようです。教育を通じて光学製品の精密機械に関しての知識を見直す機会になるため、得られることがたくさんあります。

部活動経験者はプラスになる

学生時代にスポーツや文化系のような部活動をしていた人がいると思います。後輩への指導をする際に、思うようにいかずに悩みを抱えた時もあるかもしれません。それでは、どのような方法で問題解決をしたのでしょうか。成果を出したことがある人は、改めて見直しをすると良いかもしれません。

しかし、後輩への指導ができなかったり、関係が拗れたまま卒業した人は同じことを繰り返したくないはずです。1つの方法として、時には聞き手に回り外国人社員が抱えている不安や悩みを引き出すのもありです。解決方法が見つかると良いですが、聞いてもらえるだけで精神的な負担は減ります。

また、外国人社員が精密機械の製造をはじめとする仕事で失敗をするかもしれません。感情的に怒るのではなく、良かった面も冷静に伝えるようにしてください。

良くも悪くも、部活動での経験は新亜光学工業株式会社で活かせる部分が多いでしょう。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る